当ブログにお越し下さりありがとうございます。 小学校で習う漢字を カテゴリ一覧に 学年別・画数別に載せてあります。 小1で習う漢字80字・小2で習う漢字160字・小4で習う漢字200字は載せ終えました。まだまだ少ないですが、お探しの際ご活用下さい。

遠足の日の坊や?2019年08月10日 22:13

帰省
 東京から福井の実家に帰省するのに、東名道は昨日からずっと渋滞とのことなので、上信越道で。昨夜、夫は次男と一緒に21時半に
「3時に目覚ましかけて起きよう。」
といってお布団へ。それから暫くして私も布団へ行き、夢を見ながら眠っていたら、突然電気が点いて起こされた。時計を見ると2時37分。夫は目覚ましより早く目が覚めたらしい。遠足当日の小学生か(笑)。それで予定より早く、ちょうど3時に出発し、日の出前に上里JCTを通り過ぎた。そこまで来ればもう渋滞の心配はない。途中、二車線から一車線になるところで少し混雑しただけで、ス~イスイでお昼前には到着した。
 写真左は浅間山付近。SAで休憩すると、空気も水も冷たくて、暫く窓を開けて走ってみたり。
 写真右上は朝食、右下は夫のお気に入りのお店での昼食。今日も安定のおいしさだった♪
 ちょうど妹と姪っ子甥っ子も帰省していて、実家は賑やか。夕方には次男の汗疹のために男三人はサッと海に行き、帰省初日から盛り沢山。二週間ぶりに会う長男に夫が
「暫く見ないうちに大きくなったね~。」
と(笑)。
 夫と長男、私と次男がそれぞれの実家に分かれて泊まる。今日はとっても眠いので、もう日付が変わる頃かな?と思って時計を見たら、まだ22時だったわ。

昨日の雨の分まで2019年07月21日 23:59

箱根二日目
 ときどき小雨が降った昨日から一夜明け、今日は曇りながらも薄日が射すお天気。見渡す限り緑の木々を窓の外に眺めながら、朝食ビュッフェをモリモリ食べて出発。
 まず、今回の旅を一番楽しみにしていた長男希望の秘密箱を買いに。昨日寄木細工屋さんを何件も見て回って印象に残っている、色々な作家さんのオリジナル作品が置かれているお店へ。昨日も二度行ったので今朝で三度目。シャーペンと、こげ茶と白の二色の麻柄で二十一回の秘密箱を買えて(買って貰って)大満足の長男。
 それからガラスの森美術館へ。途中、桃源郷の辺りから、大涌谷の煙?水蒸気?らしきものが上がっているのが見えた。ロープウェイは運休中で、道路も一部閉鎖されている。夏休み最初の週末なのに、空いているのはこれのせいかもと思った。ただ、進入禁止の区域は狭いし、代替バスも出ている。箱根ガラスの森美術館は、美術品だけでなく建物やお庭の散策が楽しめる、好きなタイプ。カンツォーネの演奏や、グラスハープ等ガラスの楽器の三重奏の演奏が聞けて、さほど乗り気でなかった子らも、楽しかった~といってゲートを出た。
 お昼は芦ノ湖畔にある箱根ホテルへ。朝がビュッフェだったので、ここでランチバイキングは食べず、夫と私は食事を、長男はアップルパイ、次男はかき氷を注文。湖を眺めながら♪
 食後に湖畔をお散歩して山を下り、小田原で行きに見かけたお酒屋さんへ。ここで福井の実家のお土産にする地酒を買おうと思い、芦ノ湖畔の九頭竜神社にちなんだ「九頭竜」という日本酒を買おうとして、福井のお酒「黒龍」と同じ酒蔵だと夫が気が付いた。それで、お店の方に聞いて、地酒と地ビールを購入。危ない危ない(笑)。そしてここで、こぐまちゃんがやらかした。大きなかき氷を食べたのでトイレに行きたくなったらしく、お店に入るなり
「トイレはどこですか?」
店主さんがちょっとびっくりして
「え~、ああ、こっちへどうぞ。」
といって本来貸していないであろうバックヤードにあるトイレを案内して下さった。コンビニでトイレを借りるのと同じで、お店屋さんはどこでも貸してくれるのだと思っていたらしく、車に戻ってみんなで大笑い!私もヒヤヒヤして、コンビニと個人商店は違うこと、金融機関では借りられないことを説明し、借りる立場なんだから次からもうちょっと丁寧な言い方をするように話した。やぱりこぐまは面白い。
 早めに帰路に付いたので、海老名辺りでもさほど渋滞に遭わず、夕方帰宅。夕飯は回転ずしへ。お昼軽かった子らが沢山食べ、夫と私は軽めに。
 昨年の十月に移動教室の振り替え休日の次男と小田原に行き、箱根の寄木細工を見たと土産話をしたら、長男が興味を持った。そこで横浜美術館へ寄木細工展を見に行き、今回漸く箱根へ行く時間が取れた。長男くん、九ヵ月待った甲斐があったね~。

箱根へ2019年07月20日 19:47

箱根へ
WiFiどころか、電話すら部屋で通じず、フロントへ行かないと繋がらない山の温泉に来ています。
詳細は明日、帰宅してから。

追記 : 7月22日月曜
 前日夜に次男が作ったおにぎりを持って出発。朝食は車の中で。横浜新道を戸塚で下りてからは下道で。昨年秋に次男と小田原散策をしたところを通り、その話もしつつのんびりと。前回お休みだった小田原文学館へ寄れば良かったと、通り過ぎてから思うも遅し…。
 早く出た上に渋滞もなく芦ノ湖に到着。元箱根で、お正月の箱根駅伝の往路ゴールで復路スタート地点を見て、お土産物や長男リクエストの寄木細工屋さんへ。寄木だけでなく、木のおもちゃも置いてあり、嬉しそうに遊ぶ子ども達(僕ちゃん何歳?)笑。
 殻が真っ黒な温泉卵(茹で加減はしっかり茹で)があり、一つ食べると寿命が七年延びると店員さんにいわれたのですぐに買って食べた(笑)。
 それから関所へ。江戸時代に建てられたときと同じ工法で再建・復元されたなんとも贅沢な建物達。それらの建物や資料館を見学しながら問題を解く子ども向けクイズラリーが上・中・初級用に用意されていた。普段からか、夏休みだからか?お昼を食べて、再び寄木細工屋さん巡りを始める長男。待ちくたびれたというと、普段の私の買い物(服やバック等)と真逆でお互い様だねぇ~と口の減らない長男。
 次は箱根神社へ。夏休み最初の週末なのにあちこち空いていたが、ここはかなりの人で賑わっていた。本殿前で結婚式のカップルが記念撮影をしていた。辛うじて傘なしでいられる程の小ぶりだった。和装だからカンカン照りで暑いのも困るから、ちょうど良いかもね~。
 わらび餅を購入し、早めにホテルへ。敷地に入った途端ナビが案内を終えたので、森の中でどこにも見えない本館を探して暫くウロウロ(笑)。晴れていたら森林の中を散策できたのに、本降りになって残念。
 お部屋にあった栗羊羹と、買って行ったわらび餅、それにコーヒーや緑茶でのんびりお茶をしてからお風呂へ行き、夕飯。一つずつ丁寧に盛られた料理で目もお腹も満たされて部屋に戻り、飲み直していた夫が一番最初に寝て、次は食前酒の梅酒をおちょこ一杯飲んだ私。そして同じく梅酒を飲んだ長男は全く酔わず、次男と遅くまでテレビを見ていた。
 山は涼しくて(今年は特にかな?)、週末なのに空いていて、人との温かい出会いがあり、リフォームされてとてもきれいなお宿で…良い旅だ♪

雨のディズニーランド2019年06月10日 23:05

6/10月雨のディズニーランド
 一日中雨。そんな中、開園から11時間ディズニーランドを満喫。詳細はまた明日。おやすみなさい。

 残念ながら朝から雨だが、予定通り開園前にゲートに並び、入場してすぐ夫は全員分のチケットを持ってハニーハントのファストパスを取り、ショーベースの抽選に。残りの八名はバズのアトラクションへ並んですぐに乗られた。小雨で、ときどき雨足が強くなるが、ちょっとの移動なら傘を差さずにいられるくらい。空いているので、次々とアトラクションに乗り、お昼は予約していたクリスタルパレスレストランでビュッフェ。写真上段の真ん中は次男が取って来てペロリと食べたデザート。ボローニャソーセージもチキンナゲットも特に好物ではないが、ミッキーの形だからつい取ってしまった(笑)写真右上。
 中段左の写真は、一番右の姪っ子の頭が切れているが、左から甥っ子・長男・次男・姪っ子。イッツアスモールワールドで一番前に四人並んで座ることができてご機嫌な様子♪四歳の甥っ子は、移動中は長男と手を繋ぎ、並んでいるときは長男の足にへばりついていた。どんだけ好きなんだと笑えた。Seaにインポートした日曜は曇りだったので、次男がずっと姪っ子と甥っ子の手を繋いでいたらしい。
 両親・妹・姪・甥は、15時半頃に帰って行き、我らも雨足が強くなってきたから帰っても良いね~と、私と次男はいったが
「閉園までいる!だって昨日俺Seaに行ってないもん!」
という長男の意見を採用し、夜までいることに。
 18時を過ぎると明らかに人が減り、アトラクションの待ち時間が激減。私は夕方お腹が空いたが、お昼ビュッフェで沢山食べた三人はまだお腹が空かないというので、予約していたレストランをキャンセルした。厚着をしていた私がいよいよ寒くて耐えられなくなり、チャイナボイジャーで温かいラーメンの夕飯を食べて、私と次男はアトラクションは終了。夫と長男はまだ乗るというので、ワールドバザールのお店で買い物をしていた。20時頃にここがこんなに空いているなんて!いつも長蛇の列のワゴンも、ミッキーの形のワッフルのお店も待ち時間なし!
 まだ帰りたくないという長男と、もうそろそろ帰ろうという三人、相談の結果、20時過ぎにパークをあとにした。花火を車から見られて最後に満足したらしい。六月なのに、シートヒーターと暖房をつけて…。

 昨日は父の誕生日だったので、キャストさんにバースデーシールを頂いて胸の所に貼っていたら、何度もお祝いの声をかけられて嬉しそうだった。
 中段右のスティッチ達は、長男と次男がじぃじとばぁばに買って貰った物…。小二の姪っ子がマリーちゃんのぬいぐるみで、四歳の甥っ子がリゾートラインのおもちゃなのは納得できる…で、中一と中三の坊や達がスティッチのぬいぐるみですと?…(白目)。

九人でディズニーへ2019年06月09日 15:45

とりあえず六人はインポート
 午前中、次男と両親・妹・姪・甥が先にインポートしている。長男の帰りを待って三人で合流するつもりだが、まだ帰宅せず。詳細はまた後日。

 都大会一回戦敗退だった長男は、15時半頃帰宅し、夫と三人で舞浜へ向かう途中で雨が降って来た。先にホテルへチェックインして部屋に荷物を置き、妹に連絡すると、明日もあるしホテルへ戻ると。夫と私はそれが良いと思っているが、長男は
「え~!今からでもインポートして閉園までいたかった!」
と。うんうん、そういうだろうと思ってたよ(笑)。六人を待つ間、キッズスペースが無人になったので、大きなぬいぐるみに埋もれている長男(写真中上)。
 パークから戻るシャトルバスの運転手さんが盛り沢山な情報をくれたらしく、地元で評判だというレストランで夕飯を(写真右上・中下・右下)。お店の雰囲気もスタッフの対応もお料理の味も良かった♪ハンバーグ200gがスタンダードらしいので、それを注文してみたのだが…コーヒーを飲んだらお腹がはち切れそうになった!部屋に戻り、ガードルを脱いでソファーにもたれてじっとすること一時間。漸く落ち着いた(笑)。ホテルに大浴場があったが、夜は断念し、翌朝、東京湾を眺めながら入った。

 日中、長男が帰宅するのを待つ間に、お客さん用のシーツ類を洗濯し、アイロンをかけて、夫と二人でお昼ご飯。ディズニーへ行ったら洋食ばかりだから、おろし蕎麦(写真左下)。

 インポートしていた六人は、雨が降って来たからマーメイドラグーンへ行き、それまでは色々楽しんだ様子。姪っ子と甥っ子が次男と手を繋ぎたがり
「私と繋いでる手を振り払って行っちゃうの。」
と、ばぁばが笑いながらちょっと寂しそうに教えてくれた。楽しめて良かったねぇ~。

千枚田・海の幸2019年06月02日 23:56

千枚田・海の幸
 朝食はホテルのバイキング。私はいつも通り和食で、子らはパン多めの茶色(写真左二枚)。天井まである大きなガラス窓の外の梁に燕の巣があり、雛たちもちょうどご飯の時間だった。
 食後はまず、大山千枚田へ。ここは前から一度行ってみたかった場所。ちょっと歩くと汗ばむ陽気だったが、水面を渡る風は少しひんやりして心地よかった。道端にクローバーがすくすく伸びていて、四つ葉のクローバーを探していた次男がなんと五つ葉のクローバーを発見!
 暫く棚田をのんびり眺めてから鋸南へ向けて西に進むと、ダムの案内板があったので長狭街道を外れて佐久間ダムへ。湖畔には桜の木が植えられていて、春は綺麗なんだろうな~と思いつつ再び西へ。
 次の目的地は、見返り美人で有名な浮世絵師、菱川師宣記念館。本物の絵は東京国立博物館にあるらしく、複製が展示されていた。彼はこの地の出身で、落款に「房陽」「房国」と入れる程、故郷を愛していたらしい。わが家の四人で貸し切り状態で見学し、隣接する道の駅きょなんで枇杷や小玉すいかを購入♪
 それから北上し、海の幸のお昼を食べようと金谷港の近くの小さなお店へ。高齢のご夫妻で営まれていて、のんびり温かいおもてなしで、お魚の鮮度は抜群。とってもおいしかった♪食後は枇杷ソフトを買って車に戻り、木更津へ向けて再び北上。途中、コメリを見つけて大きな植木鉢と土を買い、湧き水を見つけてペットボトルに汲み、ご機嫌でいたが、最後にアクアラインに乗る手前から大渋滞!1kmほど進むのに一時間半かかり、トイレに行きたくなって道を逸れてお店を探してあわわあわわ。アクアラインに乗ったらそれなりに流れていて、海ほたるを過ぎてからはスイスイ。その後は渋滞に遭うことなく帰路に。夕飯はずっと運転していた夫のリクエストで、買って帰って家でゆっくり。
 曇りベースでさほど暑くもなく、お出かけ日和の二日間だった。久しぶりにお出かけできて良かったわ~。

蛍を見に2019年06月01日 23:00

房総へ蛍を見に
 朝食後、アクアラインの渋滞を気にしつつ房総へ蛍を見に出発。夫も私も福井の田舎出身だが、海に近いので綺麗な湧き水があるわけではなく、山の方へ行かないと見ることが出来なかった。子らはまだ見たことがないので、学校行事や試合のないこの週末に急きょ出かけることに。
 山間の渓谷に、オートキャンプ場・ホテル・コテージがあり、アウトドアが苦手なわが家だけど、ちょっとだけ自然の中にいることを満喫したいと、オートキャンプ場のすぐ横にあるコテージを予約。同じ敷地内にホテルや温泉、遊園地、バーベキュー場もあるのでかなり便利。
 お昼前に到着し、まずは遊園地へ。おもしろ自転車・迷路・山の斜面に作られたフィールドアスレチック・パットゴルフ・スワンボート・釣り堀…さびれた古い遊園地だが、スタッフの方がみんな親切で、どれも楽しそうに満喫する子ども達。それから敷地内の渓谷へ降りて行き、河原でひとしきり遊んで温泉へ。
 周りにコンビニ等はなく、大抵はホテルで夕飯かテントやコテージの横でバーベキューのどちらかなのに、どちらも選ばず、持参したおにぎりやお惣菜を部屋で食べた。ちょっと非日常感を出そうと、職場で備蓄してある非常セットを入れ替えたときに頂いた保存食も食べてみる。今夜のメインはこれ。ちょっと珍しいから、子らはワクワクして
「絶対にこれを食べたい!」
と(笑)。中にスプーンが入っていて、お湯を注いで15分待つと、温かいご飯ができた♪
 夕飯後はこの旅のメイン、蛍鑑賞。スタッフの方が敷地内の湧き水のある所へ案内してくれるのだが、液晶が明るいので携帯やカメラはできれば使用せず、もちろんフラッシュは禁止とのこと。実際に見てみると、確かに動画じゃないと取れないかも…というほんのりした明るさだった。二百から三百匹はいたと思う。飛びながら、あるいは葉っぱに止まって一定の間隔で光っては消え光っては消え、「はかない・はんなり・ぼんやり・かすかな・ゆったり」といった言葉がぴったりの空間だった。
 部屋に戻ってもまだ21時前なので、張り切ってUNOとトランプをせがむ子ら。テレビもWiFiもないのでちょうど良いから、四人で一時間程白熱のカード大会♪夜は長袖長ズボンでいたが、山の夜は思った以上に冷えた。
 露天風呂、遊園地、部屋の窓からの景色そのどれもが山山山で、あらゆる色の緑づくしだった♪

旅の思い出2019年01月04日 23:38

旅の思い出
 年末の旅行で訪れた伊賀上野、雪のちらつく寒い寒い日で観光客は疎らだった。食べ歩きや忍術体験処が記載された散策マップがあり、手裏剣体験ができるらしいとふらりと立ち寄ったお茶屋さん。一人五回投げて二百円のところを、二人に随分おまけして投げさせて下さった上、お支払いは?と聞くと
「お茶でも一杯注文して下さったらそれで。」
とご主人。店内に休憩コーナーがあり、コーヒーやアイス、おしるこ等のメニューがある。温かいほうじ茶をこれは無料ですと出して下さったので、お餅の入ったぜんざいを注文したら
「なんだか返ってすいませんねぇ。」
と恐縮されていた。コーヒーや紅茶だって三百円程なのに、お水じゃなくてほうじ茶を出すって儲ける気ないわね~。地元の方や旅行者が気軽に一服できる場所を提供している感じ。そこへ奥様が出先から戻られて、こちらもお人柄の優しさが滲み出ていらっしゃり、帰りの電車の時間まで暫しお喋り。旅先でこういう思い出ができるとその旅は後々まで忘れられない大切なものになる。素敵な出会いに感謝。
 今日はそこで買って来た煎茶を開けて、長男と飲みながら旅の写真の整理と今年の抱負を。従兄に貰った長野土産のりんごのおやつもおいしい♪

 【夕飯】
豚肉の辛子焼き ミディトマト
  (ドアポケットにある納豆の辛子をお肉一枚に一つ塗り、だし汁をかけて暫く置いてから焼いた)
煮浸し
  (小松菜・人参・竹輪・白ごま)
お味噌汁 米糀味噌
  (なめこ・大根・人参・竹輪・青梗菜)
炊きたてご飯
蕪のぬか漬け
りんごとみかん

 長男は朝、初稽古へ行き、お腹ペコペコ!といって帰宅し、お昼をモリモリ、夜もしっかり食べていたが、私は朝と昼は控え目に。それでも夕飯を食べたら胃が{疲れてるけどなんとか頑張って消化してます}という重たさ。やっぱり毎日毎食満腹はいかんね(当たり前だ)。

伊賀上野〜福井へ2018年12月28日 23:18

伊賀上野
早起きしてホテルの朝食バイキングに一番乗りし、急いで食べて特急に乗り、伊賀上野へ。
雪舞う中をあちこち見て回り、京都からサンダーバードで福井へ帰省。詳しくはまた後日。
(^_^;)

パルケエスパーニャ2018年12月27日 18:49

志摩スペイン村
すぐ隣のホテルに泊まり、開園から閉園まで志摩スペイン村を満喫。これから温泉に行きます。詳細はまた後日!