当ブログにお越し下さりありがとうございます。 小学校で習う漢字を カテゴリ一覧に 学年別・画数別に載せてあります。 小1で習う漢字80字・小2で習う漢字160字・小4で習う漢字200字は載せ終えました。まだまだ少ないですが、お探しの際ご活用下さい。

城下町大野へ2021年11月03日 22:27

大野散策
 昨夜のうちに洗濯を済ませておき、今朝は朝食後すぐに出発。
 行き先は大野市。天空の城、大野城の近くに車を停めて、まずは七間朝市へ。輪島の朝市みたいに地元のおばさま達が沢山お店を出しているはずが、なぜか今日は殆どおらず。母がいもきんつばを買うため長蛇の列に並んでいる間に、地元の作家さん十人の作品展示販売のお店で、指物屋さん作の花台にも鍋敷きにもなりそうな木の一品を購入。できたての温かいいもきんつば、うまし!
 次にお城へ向かうと、麓の神社付近に沢山の屋台が。どうやらこの柳廼社(やなぎのやしろ)(大野藩藩主土井利忠隠居所)のお祭りみたい。お参りをして社の奥にある坂道を登り、いざお城へ。大野城は、山間に開けた盆地の中にある亀山という山に作られた平山城なので、天守閣まではちょっとしたハイキングになる。だから天守閣の麓に雲海が広がる日があるのねぇ(福井出身だが、大野散策は多分生まれて初めて)。後でスマホをチェックしたら、17階分登ったらしい。
 お昼は名物らしい醤油カツを食べようとお店を探すも、激混みで二軒断られ、醤油カツはないが名産の里芋・舞茸・名水そばが食べられるお店へ。写真は私が注文した秋の味覚満載の定食。里芋コロッケ、うまし!お店を出て駐車場へ向かう途中、モモンガコーヒー店というコーヒー専門店を見かけ、テイクアウト。父はケニア、母はエチオピア、私はモモンガブレンドを。
 それから大野散策のもう一つの目的地、道の駅 越前おおの荒島の郷(あらしまのさと)へ。広い売り場の地産地消コーナーや、福井県初出店、アウトドア用品のモンベルが等がウリで、春のオープン以来、メディアでよく取り上げられていた。
 夕飯はいもきんつばを買った和菓子屋さん順和堂で栗赤飯と山菜おこわを買ったのと、散策途中に買った昆布巻きやコロッケ等。
 久しぶりに人の多い所へ出かけた一日だった。大野は古い城下町で、白い塗り壁に黒い板張りの風情ある建物やお寺、古い造りの旅館が沢山残っていて、街中散策も楽しかった。御清水(おしょうず)と呼ばれる湧水が有名なので、次回はペットボトルを持って行こう。